スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vesti La Giubba!

Pagliacci_Original_Score_Cover.jpg

Pagliacci (Crowns)/パグリアッチは Ruggero Leoncavallo作のオペラ、 
Commedia dell'arte(道化師やアクロバットを取り入れた旅芝居劇団)で 道化師役/Pagliaccio(Crown)をつとめるCarnio/カーニオが 嫉妬のあまり妻と不倫の相手を殺してしまうお話。
Vesti La Giubba!は Carnioによる有名なアリア。
2-Nadar.jpg

恐ーい殺人ピエロのイメージはここら辺から来ているのだろう。

Commedia dell'arteというのは イタリアを中心に16世紀中頃から始まり、マスクなどを使ったり、パントマイムや道化師(crown, pagliaccio, harlequin) アクロバットなども登場させた旅芝居劇団で ヨーロッパ中を公演していたという。 ピカソの 有名な “Family of Saltimbanques” (アクロバットの家族)の モチーフも このCommedia dell'arte である。
picasso.jpeg


その Pagliacci をテーマに 小春を使って、いつものチームでアートプロジェクト。
chipag.jpg


今日の曲は 悲劇のCarnioに捧げたい。
F**k You by Cee Lo Green

スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

お、娘さんを使ってアートプロジェクトとは凄いですね!
作品の方はブログにアップされるんですか?
楽しみにしています!

ピエロといえば実は子供のころから馴染みがないせいか怖いんですよね。
マクドナルドのドナルドがめちゃくちゃ怖くて子供心に「どうしてこんな怖いキャラクターで宣伝してんだろ?」と思っていました(笑)

やまづきさんへ

こんにちは。

ピエロといえば、 こっちの誕生日パーティーにはつきものです。子供の誕生会(2歳~8歳ぐらい)には 大抵、手品師、ピエロやDJなどが 呼ばれて場をたのしくします。小春は ピエロはいやがったので モパッラ手品師(イケメンの)でしたが。

確か。 “イット(IT)”と言う スティーブン・キングの小説の映画がありましたが、これには スゴーイ恐いピエロがでてきます。
 

この撮影で自分がピエロになるのは楽しかったらしく、ノリ乗りでした。
その上、パグリアッチは メトロポリタンオペラで 1年半前に見た事があるので、役づくりにも力が入ってました(笑)。 写真は修正中とのことで 出来上がり次第アップする予定です。

ステキだな

こんにちは!このポスターすてきですね~。
ミラノの劇場のポスター?
パヴァロッティーが亡くなってしまって残念ですね。
お嬢さんはアーティストなんですか?
良いお仕事されてるんですね....
さぞかしご自慢でしょうね!

Kenjiさんへ

コメントありがとう。
このプロジェクトはスタイリストと写真家の知人が古いポスターや写真を元のイメージとして 新しいイメージを写真というミディアムでアートするという試みです。今回は パグリアッチというオペラのイメージと1920のパスタのポスターでした。

家の小春(11歳)は 自称 モデル/俳優/シンガーです。 今のところは モデルの仕事のほうが 多いかな。

パバロッチ残念ですね。でも 前々シーズンのメトロポリタンオペラに8回ほど行きましたが、なかなかすばらしいテノーが育っていると思います。残念ながら 名前が思い出せませんけど。
不思議とソプラノのディーバは覚えているんですけどね。
プロフィール

chivamp

Author:chivamp
NY Life Style・ Music日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。