スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレートチップクッキーで解決

IMG_3415.jpg

さて、私の小春チャンの事後報告です。
(娘はかなり色々なニックネームを持っており小春もその一つ、基本的には 私が ◯ピとか ◯ペとか どんな風に呼んでも自分の事だと思って返事をする。)
担任教師に泣くまでいびられた娘の為に 昨日 学校のガイダンスカウンセラーに娘と一緒にあってきた。結果は 今学年は残すところ一ヶ月だし、来年はこの教員とは1科目しか関わらないのであきらめましょうという事になりました。

事の起こりは 只今学校でも 校内ウェブのメールアカウントのグループ化を行って 宿題や予習なども この学校メールグループで行うというシステム導入をしはじめている。 各教科の先生が グループアカウントを宿題ウェブサイトに作り、各生徒もアカウントを作成し 教科ごとのグループに参加するというシステムだそうだ。もちろん 宿題提出もこれで提出するため デッドラインも明確になり、校外提出も可能、 余分な紙も使わなくなる。 
新システム導入は必ず或る程度の混乱を招くことになる。
月曜日に 各生徒にアカウントネームと仮パスワードが配られ、小春は 昼休みに宿題を見ておこうと図書室のコンピューターに向かう。 そして 何度やってもサイトが見つからない事に気づく。担任教師に戻り、その旨を報告するが、なぜか 小春が悪い事になり 泣くまで いびられるはめになる。 
実は 担任のサイトネームのタイプミスだったそうだ。

“教員をやっているうちに 自分も子供のようになってしまう人がいる。” というガイダンスカウンセラーの一言からこの会見は始まった。 つまり、この教員は問題教員で 私もよくわかっていますと言いたかったらしい。 
そして “残念ながら、生徒が大人として振る舞わなければならない事も或る。” と娘にむかって続けた。

私は 内心 <あんたねー 11歳の子供にむかって 大人になれなんて 大人が子供になっているホーが非常識ってもんじゃないの>と思い 危うく怒鳴り散らすところだっだが そこをぐっとこらえて 黙って続きを聞いてみる。

“私もあなたが正しくて間違っていない事はわかっているけど、彼女(教員)は 絶対にあなたに謝ることはないわ。彼女を変える事は だれにもできないの。 彼女は そういう人なのよ。絶対に自分の否を認めない。それが周知の事実でも。” 

<マジかよー。 そういう奴って許せないんだよね。>とか思っていると、

さらにガイダンスカウンセラーは続ける。
“あなたと一緒に 担任と校長に抗議する事はできるけど、それで 何か更新されるとは 思えないの。 実は あなたの前にも こういう事がたくさんあったけど何もかわらなかったから。 もちろん あなたがそうしたいのなら、私も力になります。でも、それで あなたがこの残りの一ヶ月、担任とやりずらくないかしら。悪いのはあなたじゃないんだし、本当の意味で はずかしいのは担任なんだから。”

つまり、ガイダンスカウンセラーは余分な戦いは避け、残りの一ヶ月は 小春が大人になり、寛大になったほうが、小春の為にもよいのではないかと言いたいらしい。 

“別にあなたが担任を嫌いだって決してそれがいけない事じゃないんだし、 あなたが とっても優しくて良い生徒であるという事はみんな知っているんだし、エネルギーを そんなところに使うより、もっと楽しいことや あなたにとって重要な事につかったら? ”
さすが、カウンセラーだけあって物事を丸くおさめてしまう。
小春も なんだかこの一見があほらしくなったようで、
“ママ チョコレートチップクッキーが食べたいね。” で一見落着したのである。
IMG_0541.jpg

ここで 一杯という訳にはいかないので、 うちで チョコチップクッキーを焼きました。

今日の曲は Jack White の 奥さん
The Ghost Who Walks by Karen Elson
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

今日の愚痴

IMG_0516.jpg

あまりの忙しさに 頭を使いたくないので 今日は 娘の学校の教員の愚痴をたれる事にする。
娘は 花の6年生。
ニューヨーク市の教育システムでは 6年生から中学校です。
女優シンガー希望の彼女は パフォーミングアート系の公立中学校に行っている。 
パフォーマー系の子供ばかりなのでアカデミックエリアにおいては ニューヨーク市の受験公立校に比べるとかなりおとるというのは 遺憾ながらも事実だ。
世間的にも きっとパフォーマー系は 馬鹿ばっかりとか思われているんだと思う。

ただ、 私がざっと子供たちを見る限り、(メールや フェイスブックのコメントなど。。。娘はかなりオープンなので一緒に 彼女のファイスブックとかメールとか読んでます)秀才校へ進学した娘の小学校時代の友達に比べて、パフォーマーの子供たちのほうが よほど常識をわきまえ、インテリでソフィスティケイテッドであるのだ。
チャットに使われる語彙も、内容も 秀才校と言われている学校所属の子供よりいかしている。

パフォーマー系が アホとか馬鹿とか云うのは 世の中の偏見である。

この偏見のせいで 彼女の学校のアカデミックの先生の質が悪い。パフォーミングアートの先生たちはかなり質のよい人材がそろっているが、 アカデミックの先生は やはり馬鹿は教えたくないと云う気持ちが先生たちにあるのか良い人材がそろわないらしい。 

娘の学校では 小学4年生程度の 分数の足し算を 板チョコの分配のお絵描きで算出することを なんと6ヶ月にもわたってやっていた。 しかもその宿題が 紙製板チョコを切ったり貼ったりして、大体の答を出すというもの。私と分数の通分形式で学習している娘が 12分の5 プラス 4分の1を 12分の8 イコール 3分の2 と答えを書いたところ、まず第一に板チョコの絵を描いて説明していないことと、数式や正確な回答ではなく 大体の値を換算することを目的としている為、0点と赤で書かれて戻ってきた。

大体今時の6年生が 目分量の分数の足し算してどうするのよと ママはブチ切れしてしまいました。

娘によると、この先生は分数の通分、かけ算や割り算が 苦手らしく、黒板にかいた 通分がまちがっており、それを指摘した生徒を授業の規律を乱したとのことで校長室送りにまでしたそうだ。つまりこの先生は 分数の通分が自分でできないので 目分量形式の分数の足し算を 子供たちに強いていたらしい。

ママは学校に文句を言いにいくと意気がっていたら、娘曰く、“馬鹿相手に憤ってもしょうがないよ。算数と数学は家でママと勉強するから、学校はほっとけば?” そして “みんなもあきらめているよ” という。

こんなのってありだろうか?
IMG_0408.jpg
今日の曲は  Move Along by All American Rejects
When all you got to keep is strong
Move along, move along like I know ya do
And even when your hope is gone
Move along move alone just to make it through
Move along (go on, go on, go on....)
When everything is wrong we move along

続きを読む

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ノルウェイの森

Beastie Boysというバンドを覚えている人はいるでしょうか?
80年代のヒップホップトリオで Licensed To Ill で全米で一位にもなりました。
下の写真は マイクDこと マイク・ダイヤモンド
(トライベッカフィルムフェスティバルのストリートフェアで)
全く普通のそこら辺の親父です。 私なんて、‘あの人マイクDだよ’と云われなければわからない。

IMG_0447.jpg



IMG_0504.jpg

ノルウェイの森を昨日読み終えた。
なんだか、私の中にぽっかり穴があいたような気がする。彼の作品の後はいつもこんな気がする。
どうしてだろう?

今日の曲はReasons Unknown by The Killers

続きを読む

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

魚君の黄昏

IMGsakana kun

魚君が ぶんぶん蜂に乗っている。
あまり楽しそうでないところが むなしい。

GWとのことで タイムズスクゥエアあたりは “ニューヨーク”とタイトルのついたガイドブック片手に 闊歩する日本人がいっぱいだ。朝早くから観光ご苦労様である。

娘の演劇公演の関係で ひたすら待つ時間が長い私は、ブックオフで 1ドルで購入した “トンネル” (吉村達也)と “壁” (栗本薫)というホラー小説を1日一冊づつ終え、それでも時間があまり 新聞の数独なんかもやっている。

壁/トンネル、両方とも 日本的ホラーだったが、あえて云えば “壁”のほうが 日本的だったかなあとか思う。

日本のホラーは 欧米のホラーに比べ 恐怖の対象が曖昧で なおかつ悪意は伝染感染するという設定なので 恐怖度が数段強い。とくに 米ホラーは 宗教色がつよいので 善者Vs悪者となっており恐れるべき対象や 助けを求める先も(ない場合もあるけど)はっきりしている。 ここでは、 やはり良い奴は良い奴で悪い奴は悪いのだ。こころの隙間に巣憑くう悪(日本的)と全身全霊で表現される悪(米的)との違いだ。でもどうして隙間の悪が 完全悪よりこわいのだろう?


IMG_tobiori art

先日、スエーデンの映画 " Let The Right One In"というのを借りてきて見た。 日本語のタイトルでは"モールス"というと思う。子供のバンパイアの話で 私個人的には面白かったのだが パートーナーのシロクマからは
"Nice family viewing material" 皮肉をいわれました(笑)。

今日の曲は アイスランド出身のアーティスト
Go Do by Jonsi

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

chivamp

Author:chivamp
NY Life Style・ Music日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。