スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh! ベイビー ノータリンは 持病なのでどうしようもない



今日は 雨が降っている。
元気な娘は おしゃれに余念がなく、鼻歌まじりに 鏡に見入っている。

Daddy "鏡は減るもんじゃないけど この使用頻度では減りそうだ。”

娘  ”  ” (無視)

自分の娘を この世で一番美しくすばらしい生き物だと思っている親ばか見本のDaddyもかなりあきれている。

Daddy ”鏡よ鏡、この世で一番美しいのは だあれー?” こんな 冷やかしにも

娘   ”あ・た・し” と涼しい顔。

自分で自分のことをかわいいというのは うちの娘ぐらいだ。 かなり おめでたい女だ。

DSC00992.jpg


NYは まだ冬。 冷たい雨まで降っている。ママは気分的下降線をたどっている。。。。。ノータリンは 持病なのでしかたがないけど、気分的下降は 清志郎にお頼みしよう。

鏡の前の娘に捧げたい。今日の曲は 

いけないルージュマジック




スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Fat Tuesday


beads.jpeg

今日は ファットチューズデイ(Fat Tuesday) フランス語では Mardi Grasともいう。
明日の灰の水曜日(Ash Wednesday)からはじまる レント (Lent)にそなえて、前夜の 火曜日に 脂っこい美味しい物をたくさん食べ、飲み、カーニバルをするというキリスト教徒の伝統行事。 レントとは キリストが復活するイースターの40日前(日曜日は含まない)から始まり、イースター(復活祭)で終わる。 この40余日間( キリストの40日間の断食にちなんで)、キリストの苦しみと死を思い、 肉やお酒を絶ったりする。

娘(11歳)は 近所の 10歳と8歳の友達と <大人のプロミュージシャンのお助けをかりて> リビングルームプロジェクトという バンドを組んでいる。今夜のファットチューズデイは、近所のレストランで 演奏する事になっている。

今夜のラインアップ
1)  ONE MORE CUP OF COFFEE (娘-keyboard)
2)  KNOCKIN’ ON HEAVENS DOOR(娘-Vocal/keyboard)
3)  HOTEL YORBA(娘-keyboard)
4)  WHY (娘-Vocal/keyboard)
5)  NOTHING COMPARES TO YOU (娘-Vocal/keyboard)
6)  WATER IN THE WELL
7)  IMAGINE (娘-Vocal/keyboard)
8)  HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN
9)  TO LOVE SOMEBODY (娘-Vocal/keyboard)
10) PROUD MARY

2月のブレイク中の 娘は このブレイクから 6月まで 練習リストとして シャンソンから ボサノヴァまでという かなり多種多様なリストを組んでいる。 突拍子もない アイデアだが サポートしていきたい。
Dancing With Myself (80’s Punk song by Billy Idol)
Today I am a Boy ( a song by Antony and Johnsons)
Train in Vain (80’s Punk song by The Crash)
This Charming Man (80’s Alternative song by The Smith)
La Vie En Rose ( French Chanson by Piaf)
So, Nice ( Bossanova by Astrud Gillberto)
Night and Day (Bossanova Version by Babel Gillberto)

前回のブログで紹介した
Empire State of Mind で Jay-Z が 立っている NYの街角
IMG_3708.jpg


Vampire Weekend の Cousins の路地

IMG_3711.jpg


ヴァンクーバーの 冬オリンピック、
アポロ オーノ君かわいい

apolo.jpeg



今日の曲は
オリンピックのオープニングセレモニーで KD Lang のバージョンを聞いた人も多いと思うけど、
Jeff Buckley "Hallelujah"
タイトルをクリックしてね。

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

NY の顔

Empire State of Mind--

NYの 2月はやたら寒い。
この寒いのに、ここ数日 日本人観光客をよく目にする。ご苦労な事だ。

この激寒のなか 膝たけウールコートにミニスカ、ブーツの組み合わせをきた日本人女性観光客や、うすーい合皮ジャケットなんかをかっこ良く着ているつもりの日本人男性観光客にーーーーー
”ホッカイロだけじゃたりんだろー” とか言ってみたくなる。 




DSC00768.jpg



今日は NYCシーンのある最近のビデオ紹介。 タイトルをクリックしてね。
Alicia Keys & Jay-Z
Alicia は タイムズスクエア
Jay-Z は トライベッカ(Hudson St. & Franklin St.) と
      ダウンタウン、ファイナンシャルエリア(Church St. & Liberty St.)

Empire State of Mind by Alicia Keys & Jay-Z

Vampire Weekend は 見た事のある通りだと思ったらやっぱり トライベッカの Cortland Alley & Walker St.

Cousins by Vampire Weekend

Bostonの日系バンド は Macy'sの前 ヘラルドスクエア あたり

Second Best by The Ricecookers

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

イメージチェンジ

クレッグの新しい顔

娘のスプリングダイビングコーチのクレッグは冬休みの間にイメージチェンジをした。

私ー『どーしたの それ?』
クレッグー  『え! きらい?』

、、、、、、フェイシャルヘアー?。。。。。。。

娘ー『どーして ヒゲはやしてんの?』
クレッグー『だって 女の子は ヘアスタイルとかお化粧とかで 楽しくイメチェンできるけど 男の僕はヒゲぐらいなの』

ヒゲと 極小スピードでは、、、、、
赤いマントが似合いそうな、こんな感じだ。

300_canvas_leonidas1.jpg
300-movie.jpg
スピードの似合う クレッグは  サーフショーツ姿の男子生徒たちに 
『サーフィンじゃないんだから、 君たちも スピードにしよーよ』
坊やたち 『。。。。。。。。。。。。』


300MoviePic.jpg

hollister

ダイビングの後、ソーホーのHollisterによったら、 なぜか ここにも 裸の青年が、、、、(18歳くらいかなー) うつくしーいトルソに見とれて ちっとも顔は見えなかったの。 でも ローウエストのズボンをさらに下までさげていて、、、、、 君、 君、 君の”ビーフまで 数センチもないんだけど。。。。ちょっと コーフン気味でした。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

娘とプリンスチャーミング

IMG_3689.jpg
娘とプリンス 

アメリカで 幼年期を過ごすと ディズニープリンセスなしの生活は 考えられない。
特に 我が娘は 2歳から4歳にかけて完璧にはまってしまった。。。。というより彼女は プリンセスとして生きていたという方が適切かもしれない。 毎日ハロウィーンのごとくプリンセスコステュームを着用し、1日に最低でも 一回は プリンセス映画を見ていた。 
現在 シンガーアクトレス志望の彼女は この頃から 演技派だったのかもしれない。

毎日、娘と一緒にプリンセス映画を見ていた私は ある事に気づく。
どう見ても、ディズニープリンセス映画に出てくる殿方たちは好ましいポジティブな男性像とは ほど遠い。
むしろ 白馬なんかを乗り回し(現代なら ポルシェか)、肩書きのみの欠陥見本のような 男ばかりである。

娘の一番のお気に入りだったのは 白雪姫-Snow White。 七人もの小人を手玉に取るなかなかやり手のお姫様だ。さて 彼女の 王子様は 名前も不明の “The Prince” (フロリダのディズニーでもサイン帳に”The Prince”とサインしてくれた)、死体の白雪姫に 求婚してしまう 性倒錯者である。
継母より 怖いわよね。
pic.jpg

次は Sleeping Beauty-眠れる森の美女。白雪姫の “The Prince” と違って、いばらの城で眠りこけてる オーロラ姫を救出するという大役も果たす “Prince Philip”だが、 歌なんぞを歌って、森の中をうろつき 若い娘をナンパなんてしている カルーイ男だ。  
品行が悪い。

シンデレラの  “Prince Charming” は領土内の適齢期の女子を一堂に集め、 オーディション形式の お嫁さん選考会なんかを催す 不届き者である。 こういう男も 願い下げである。
(オーディションという ホラー映画は なかなか良かった)

Beauty and the Beast, 美女と野獣。 この  Prince は あまりに うぬぼれが 強かったため 老婆に化けた妖精に “Beast” に変えられてしまったどうしようもない奴で、 その上 “Beauty(Bell)” を 軟禁してしまう。 変態犯罪者である。

一方で この頃の男の子のヒーローといえば 筋骨隆々な 単細胞タイプが多く、明らかに 幼年期の男性像は 奥行きのない 人間ばかり。 こんなことでいいのだろうか。

娘も 今となっては “プリンセス・ プリンス なんてくだらない” というようになり、 おとぎ話も 成長の一過程だったんだろうが、 将来、恋人や パートナーとなる人には 奥行きのある人間を選んでもらいたいものだ。

今日の曲: クリックしてね

Michael Franti & Spearhed -Say Hey (I Love You)

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

chivamp

Author:chivamp
NY Life Style・ Music日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。